ライスフォースマニア

アラフォー主婦によるライスフォースのリアルな体験談を口コミ

*

ライスフォース「アクポレス」が大幅リニューアル!何が変わった?

      2018/04/19

シェアする

アクポレスが10年ぶりに大幅刷新

新アクポレス

ライスフォースの「アクポレス」が2018年4月24日にリニューアル発売となります。アクポレスがフルモデルチェンジするのは10年ぶり。

ライスフォースマニアでは今回のリニューアル情報をいち早くキャッチ!

新アクポレスは何が変わるの?」「アクポレスの価格は上がっちゃうの!?」といった、ユーザーさんが気になるであろう4つのポイントを調べてまとめました。

アクポレスはライスフォースのニキビ・毛穴用スキンケア

軽くおさらいしておくと、アクポレスはライスフォースのニキビ・毛穴用スキンケアです。ええ、みなさん知ってますね。

旧アクポレス

ライスフォースは、保湿スキンケアのディープモイスチュアシリーズと、ベーシックスキンケアのモイスチュアシリーズ、それにアクポレスを加えた3ラインを展開。

いずれも国産米100%を発酵させて作るライスパワーエキスを主成分としているのが特徴です。

リニューアルでアクポレスはどう変わる?

ふつう化粧品のリニューアルといえば、パッケージデザインや多少の成分変更といった、小規模なイメチェンであることがほとんど

しかし、今回のアクポレスのリニューアルは全然違います。

ハッキリいえば、アクポレスという名前以外は総とっかえ!といった印象なのです。

詳しく見ていきましょう。

旧製品と比較して大きく変わる4つのポイントを解説

アクポレスの成分が変わる!

アクポレスの成分

もっとも大きく変わるのは成分です。

新アクポレスでは、医薬部外品の新規有効成分「ライスパワーエキスNo.6」を主成分として採用したのです。

これ、日本で初めて皮脂分泌抑制効果が厚生労働省により認められたという、すごい成分なんです!

これまでにもライスパワーNo.7のように皮脂バランスを調整する成分はありました。

ただ、これらは分泌された皮脂を取るものであったのに対して、ライスパワーエキスNo.6は皮脂線に働きかけて分泌自体を抑える働きがあるのが大きな違い。

汗を流す女性

開発した勇心酒造による臨床実験では、皮脂の60%を抑える効果が認められたそうです。
参考:勇心酒造プレスリリース

だから、皮脂が原因による

  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • ニキビ
  • 顔のテカリ

が解消されるというワケなんです。

ということは、ニキビや毛穴の悩みに応えてくれるだけでなく、化粧の崩れもなくなりそうじゃないですか!?
どうしてもっと早く作らなかったのかしら!?と思ったら、なんと開発から医薬部外品認可まで22年もかかったそう。

いやはや、ナマ言って申し訳ございませんでした…。
参考:週間粧業

ラインナップが変わる!

新アクポレスではラインナップと商品名も一新されます。今回発売されるのは5アイテム

クレイクレンズ(洗顔料)

アクポレス クレイクレンズ

洗顔料「クレイクレンズ」は「アクネソープ」からの切り替えとなりますが、ライスパワーエキスNo.3からNo.1への変更や、クレイの配合などあらゆる面で大きく進化しています。

ベントナイトカオリンマリンシルトなど4種のクレイにより皮脂汚れをしっかり吸着話題のマヌカハニーに、ライスパワーエキスNo.1を配合することで、洗浄力と潤いを両立しています。

リフレッシュスキントナー(薬用ふきとり美容水)

アクポレス リフレッシュスキントナー

リフレッシュスキントナー」は「アクポレス クリアローション」の切り替えとなるアイテム。しつこい毛穴詰まりや毛穴の黒ずみを拭き取るためのふきとり化粧水(美容水)です。

新規有効成分のライスパワーエキスNo.6と、薬用消炎成分「グリチルリチン酸2K」の2つの有効成分を配合し、毛穴とニキビを根本原因から解決。新アクポレスのセンターを張る商品といえそうです。

アクネクリアジェリー(薬用クリアジェル)

アクポレス アクネクリアジェリー

「アクネクリアジェリー」は皮脂を抑えつつ保湿を叶えるジェルで、美容液に近いポジショニングの商品です。

ライスパワーエキスNo.6で皮脂をおさえながら、マルメロエキスローズマリー油ホホバ油の3つの保湿成分でやさしく保湿。殺菌成分のサリチル酸によりニキビの再発を防いでくれるそう。

私は当初「アクネスポッツクリアの進化版かな」と思いましたが、成分が全く異なる新製品でした。

モイスチュアエマルジョン(薬用保湿乳液)

アクポレス モイスチュアエマルジョン

ニキビの原因は、肌の乾燥による皮脂の過剰分泌が原因

この「モイスチュアエマルジョン」は、植物性スクワランノバラ油サラシミツロウなど贅沢な天然保湿素材をタップリ使用。お肌を潤いで満たすとともに、雑菌やダメージから肌を守ります

「アクポレス モイストバランスミルク」の切り替え商品ですが、新たにノバラ油やサラシミツロウといった保湿成分がプラスされています。

ポアミルクジェリー

アクポレス ポアミルクジェリー

ポアミルクジェリー」は毛穴を引き締める薬用ミルクジェル。ライスパワーエキスNo.6に加えて、収れん成分であるラベンダー油ユーカリ油が配合されています。新アクポレスで初登場となるアイテムですね。

デザインが変わる!

アクポレス デザイン
デザインも一新。淡い水色のボトルからオレンジ色へと変更されました。

フォルムも強い曲線を打ち出し、より女性的なデザインに変更されています。

価格も変わる

新アクポレスの価格帯は3500円~6000円です。各商品の価格は以下の通り。

  • リフレッシュスキントナー 6000円
  • アクネクリアジェリー 6000円
  • クレイクレンズ 3500円
  • モイスチュアエマルジョン 4000円
  • ポアミルクジェリー 6000円

旧アクポレスの価格帯は2500円〜5000円でしたので、平均してプラス1000円ほど高くなっています

とはいえ、22年の歳月をかけたライスパワーエキスNo.6や、マヌカハニー、サラシミツロウなど様々な天然保湿成分がプラスされているので、個人的には妥当なプライシングかなと思いました。まあ、もう少し安いほうが嬉しいですが。

ターゲット年齢も変わる?

これは推測なので「?」をつけておきましたが、ターゲット年齢層も変わるのかな、という気がしています。

老舗酒屋の勇心酒造(香川県綾川町)と連携、肌の状態が不安定になりがちな春以降に皮脂過剰による毛穴トラブルやにきびへの悩みに応えた製品として20~40歳代の女性に売り込む
引用:日本経済新聞

※強調線はライスフォースマニアによる

こちら日経新聞さんの記事ですが「20〜40歳代」とあるんですね。

一方、旧アクポレスのターゲット年齢は大体「20代後半から35歳」。そう、新アクポレスでは対応する年齢層が広くなっているんです

なんでだろう?と思ったところ、徳島大学名誉教授の荒瀬誠治先生がこんな話をされてました。

皮脂量のピークは女性で10~20歳代、男性では30~40歳代で、以後減少していくのが一般的です。しかし最近では、ストレス・環境の変化などの影響により、この年代を過ぎても皮脂が過剰に分泌され、毛穴の黒ずみ・ニキビ・化粧崩れなどに悩む方が増えています
引用:共同通信

つまり、ニキビ用のスキンケアといえば10~20代向けだったのが、今ではより高い年齢層にまでニーズがあるということ。

それに対応するように新アクポレスも作られたというわけですね。

アクポレス リニューアルについてのまとめ

以上、2018年4月24日にリニューアル発売となる新アクポレスについてまとめてみました。

個人的には新アクポレスはかなり期待大!です。現行のアクポレスに比べて成分へのこだわりが強く感じられます

特にライスパワーエキスNo.6は皮脂分泌自体を抑えるという、今までにない体験ができそうですよね。

いち早くアクポレスを試したい方は公式サイトへ!↓↓


アクポレス

タグ

ライスフォースマニアでも新アクポレスを手に入れ次第、すぐにレポートをお届けする予定です。お楽しみに!

こちらもおすすめ

 - ライスフォースコラム , ,